借地権付きの物件を売るなら買取専門業者が安心です!

更地

借地権付き建物は売却することができる!買取は専門業者へ!

駐車場

借地権付き建物は、売却することができます。借地権付き建物の売却には流れがあります。最初に行動することは、地主の承諾を得ることです。地主に承諾をもらって承諾料を支払ってから、ようやく売却活動を進めることが可能になります。承諾料は借地権価格の10パーセント前後が相場と言われています。法的な規定などがないため、承諾料の交渉も必要になります。トラブルにならないためにも、借地権の買取を検討しているときは、買取専門の不動産会社へ相談するのがお勧めです。
相談する際は、土地賃貸借契約書の内容を確認します。地代や契約期間、更新料や承諾料に関する内容をチェックします。借地法や借地借家法の知識が必要になるため、個人で行うのは困難です。借地権物件の経験豊富な買取専門の不動産屋に依頼することで、信頼関係が持てるようになり、適切な交渉も任せることができます。自分自身も、法律の内容を勉強することが大切です。
借地権の売却は、地主の承諾を得ることが最大のポイントです。そのため、交渉を成功させるためにも地主の性格を知り、地主との関係性を確認することも重要です。承諾や費用に関して、具体的に取り決めておき、スムーズに売却が行えるようにアドバイスをもらいます。

借地権の買取にまつわる悩み事やトラブルは専門の不動産会社に相談

自己所有の家を建てて生活する、或いは投資用物件を建てて賃料収入を得るのに、必ずしも土地を買う以外に方法がないわけではありません。借地権を利用して、そこに自己所有の建物を建てて、自分のためあるいは賃借人のために利用することも可能です。このような借地権付き建物は、それを自分で利用するつもりの人が権利者であるうちは何の問題もありません。しかし相続等の事情で、自分の家を既に建てた人、賃料収入など特に必要ではない人が借地権を譲り受けると、その処分に困るという問題が良く起こります。
必要のない借地権を相続してしまったばかりに、地主への地代支払いや建物のメンテナンスで出費がかさんで困っているなら、買取専門の不動産会社へ相談して、借地権の買取を試みるのがおすすめです。買取専門の不動産業者と聞くと、高額のコンサルテーション料などを請求されて、また出費が増えるのではと心配な人もいるかもしれません。しかし、そのような心配は一切無用で、無料の電話相談を利用できますので、是非、遠慮なく相談しましょう。借地権の売買に詳しい専門の不動産会社なら、損をしない買取金額を確保するためのノウハウ、地主との交渉を穏当に進めるコツもよく知っており、安心して対応を任せることができます。

借地権の買取は知識を持つ専門業者に依頼する事が大切

借地権は、家を建てる場合の土地を借りる権利の事で、新に家を建てる場合には、契約に基づく借地料を支払うだけで済む為、土地の購入費用を抑える事が出来ると言うメリットが有ります。借地権の買取は、地主者の意向が非常に強く反映される物で、借地権の買取や借地として契約を継続し地代として利益を上げて行きたい、買取や譲渡には応じられない、更に更地にしての返還を求めるケース等様々です。この借地権の買取には地主者との交渉や承諾は必須の条件となり、借地権の買取交渉で地主者の意向を無視してしまうと、借地権の買取交渉が非常にこじれしまうので十分な注意が必要です。その為借地権の買取交渉は、借地権に詳しい専門の不動産会社へ相談し進める事が大切です。借地権に詳しくない不動産会社を利用した場合、買取交渉をうまく進める事が出来ず、買取交渉が長引いてしまう場合が有り、結果として売却価格が大きく目減りしてしまう場合が有り、借地権の買取専門の不動産会社選びは慎重に行う事が必要です。又、借地権に詳しい不動産会社の場合は、その会社が借地権の買取主になり地主者との交渉を行ってくれると言うメリットが有ります。又、買取交渉の過程では買取後の借地の利用方法等も地主者に提案出来る等のノウハウも持っているため、より安心できます。

topics

2019年12月16日

借地権付きの物件を売却する時は買取専門業者が必要です

不要になった借地権付きの物件は、売却することが可能です。借地権の売却を行う時は、様々な制約が出てきます。借地権の売却は、まず地主の承諾が必要になります。さらに借地権価格対する承諾料を地主へ支払います。相続など、突然地主が代わることがあります。今までの関係がゼロになってしまうため、地代の値上げや立ち退きを要求されるケースも出てきます。借りている土地を買い取りたい時に、地主がなかなか承認してくれ…

2019年12月16日

借地権のある土地で地主とトラブルになる前に買取専門会社へ!

借地権においては、地主と借地人でトラブルになることは少なくはありません。地主側にとって、土地に建てられた建物は更地で返還、借地権の買取や建物の売却は認めない、建物の買取請求をされたくないといったことがあります。また借地人にとって、契約上の不履行がないものの建物買取請求権を拒絶されたり、不当に賃借料を上げられ退去したい、そのほか契約とは異なる問題が発生することもあります。そこで借地権のある物件…

2019年12月16日

借地権のある建物の売却は買取専門の不動産会社に相談しよう!

企業や個人は資産の有効活用により収益化を図るため、土地を企業に賃貸することが少なくはありません。借地権を20年や30年と設定し、借主は借地にビルや店舗などの建物を建設したものの、事業撤退や廃業などにより契約期間前に売却もしくは取壊しの必要性が生じます。ですが、建物は建築から数年しか経っていないというのであれば、専門の不動産会社へ相談して借地権の買取を依頼しましょう。借地権の問題は、建…

2019年12月16日

借地権のある土地と建屋の売却買取を円滑に交渉!新たな契約にも!

貸主と借主にとって、借地権のある土地そして建屋の処分に困ることがあります。土地の貸主にとって、契約満了時には更地にして戻してもらいたい、借主にとって建物は耐用年数から見ても売却して現金化したいというのが現実です。結果、借地権の問題が長期化しそうなら専門の不動産会社へ相談しましょう。借地権の買取に納得しない貸主に対して、適切な交渉を行い貸主にメリットのある条件を提示してくれます。また、建物の所…